今回は「古典に親しむ・能楽講座」におじゃましました。一部は大人の方向けに、能の歴史、謡、舞についてのお話と、参加者の方が小謡「猩々(しょうじょう)」の謡を先生と一緒にお腹から声をだし謡いました。
 二部は、子ども達も参加して、能面についてのお話、貴重な能面の装着体験を行いました。大人の方、子ども達も分かりやすいお話に「能」に興味をもち、有意義な時間を過せたようです。

 

目白台交流館トピックス

トップページへもどる